読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミサワホームの【玉川学園前きららの丘】ブログ

小田急線「玉川学園前」駅徒歩11分の地に、今秋29区画の新しい街が誕生します!ミサワホームの街区のコンセプトを分かりやすく解説していきます。

”きらら”な構造の秘話⑥ ねじれにくい構造の理由

f:id:misawahome:20160820130556j:plain

---------------------------------

Sola.Terrace~光+風が通う街。

f:id:misawahome:20160701131440p:plain

物件概要は公式HPをご覧ください

モデルハウスは9/17オープン!

資料請求はこちらから

----------------------------------------

【玉川学園前きららの丘】ミサワホーム街区の建売は、木造の在来工法の中では、ねじれにくい地震等の揺れに強い工法になっています。今日はそのお話です。

youtu.be

 

構造秘話の③でもお話ししましたが、地震や台風に強い木造住宅の特徴として、柱・梁などの主要構造体の接合部分が抜けにくくなっていることが大前提として挙げられます。その為に金物接合(メタルジョイント)をしていますが、もうひとつ、ミサワホームが注力しているのが、衝撃を分散する、という点です。

 

衝撃が数箇所に集中しないように、全体に分散させてしまおうというわけです。

 

このために、外周の耐力壁や、床、屋根に強力な構造用合板を使用しています。

 

↓床は24mmの合板(16号棟の1階施行写真)

f:id:misawahome:20160729141137j:plain

↓外周の壁や屋根にも構造用合板!(12号棟2階施行写真)

f:id:misawahome:20160729141426j:plain

 

この結果、家全体が面構造になり、柱や梁の接合部分等に衝撃が集まってしまわないようになっています(家全体が酒枡や段ボール箱のようになっていると思ってください)。

 

こういった対策を施して施行をした結果、以前にもお話ししましたが、当社で建てさせて頂いた建物は過去の大震災等の揺れで全壊半壊「ゼロ」となっています。

 

そしてさらに、壊れないだけではなく、【玉川学園前きららの丘】ミサワホーム街区の建売は全6棟には家具転倒などのリスクを更に軽減する制震装置も設置させていただいています。

 

安心してお住まいいただける木造住宅です。