読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミサワホームの【玉川学園前きららの丘】ブログ

小田急線「玉川学園前」駅徒歩11分の地に、今秋29区画の新しい街が誕生します!ミサワホームの街区のコンセプトを分かりやすく解説していきます。

”きらら”な構造の秘話② 地震で揺れにくい理由

f:id:misawahome:20160729135632j:plain

↑制震装置MGEO(エムジオ)

---------------------------------

Sola.Terrace~光+風が通う街。

f:id:misawahome:20160701131440p:plain

物件概要は公式HPをご覧ください

モデルハウスは9/17オープン!

資料請求はこちらから

----------------------------------------

【玉川学園前きららの丘】ミサワホーム街区の工事中の構造体をお見せしていくシリーズ—本日は制震装置のお話です。

 

ミサワ街区は全棟に制震装置MGEO(エムジオ)を搭載しています。これはミサワホームが独自に開発した、地震による建物の揺れを最大で50%軽減させる装置です。

テクノロジー 制振装置|MJウッド|ミサワホームの耐震木造住宅

↑詳しくはこちらをご覧ください。

 

ミサワホームは半世紀近くかけて90万棟のお客様の一戸建を建ててきたハウスメーカーですが、その間に発生した地震による揺れで建物が全壊・半壊した棟数は「0」です。近年では阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震でも地震の揺れで倒れた家はありません。

 

しかし、地震の揺れで建物が壊れないことだけではご入居されているご家族の安心は守れないことを阪神・淡路大震災で学びました。というのも、強烈な縦揺れ横揺れが発生すると、家の中の家具が暴れます。その下敷きになってお怪我をされた方がたくさんいらっしゃいました。

 

この惨事を目の当たりにした当社は、耐震性はもちろんですが、そもそもの揺れを軽減させることに注力し、2004年にこのMGEO(エムジオ)を完成させ発売しました。以後、4万棟以上の建物に装着させていただいています。

 

【玉川学園前きららの丘】の6棟の建売住宅も当然装着しています!建物が完成してしまうと壁の中に隠れてしまって見えなくなりますので、工事中の実際の写真をお見せします。

f:id:misawahome:20160729140609j:plain

↑1階の2か所に幅約90cm、高さ180cmのパネルを埋め込みます。

f:id:misawahome:20160729140543j:plain

↑真ん中のメタルのパネルが地震発生時にテコの原理で左右に動き、上下にある高減衰ゴムが運動エネルギーを吸収してくれます。

 

言葉での説明は難しいので、動画をご覧ください↓

 

【玉川学園前きららの丘】ミサワホーム街区のココがすごい!

●全棟制震装置がついてます!

●制震装置はミサワが自社で開発したものです!

●すでに4万棟以上の設置実績があります!

●大地震でも最大で揺れを50%に軽減します!

 

建売住宅を購入する際は、”地震に強いか?”だけではなくて、”揺れ対策はどうか?”までちゃんと確認するようにしてください!

 

‐補足‐

もうちょっとマニアックなお話をしますと、もともとミサワホームの建物は全商品耐震性が高く、過去の大震災でも全壊半壊「0」であることから、そもそも”揺れにくい”構造です。なので、設置する制震装置の枚数も今回の建売では1階に2枚だけで済んでいるんです。

 ---------------------------------------

工事中の構造体をご覧になりたいという方は、8月下旬あたりでしたら個別にご案内させていただくことは可能ですので、詳しくはインフォメーションデスクまでお問い合わせください。

0120-058-330(担当:千葉まで)

f:id:misawahome:20160816160018p:plain