読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミサワホームの【玉川学園前きららの丘】ブログ

小田急線「玉川学園前」駅徒歩11分の地に、今秋29区画の新しい街が誕生します!ミサワホームの街区のコンセプトを分かりやすく解説していきます。

セカンドリビングのある暮らし

Sola.Terrace~光+風が通う街。

f:id:misawahome:20160701131440p:plain

玉川学園前のミサワホーム街区

資料請求はこちらから

--------------------------------------------

f:id:misawahome:20160721173350j:plain

(モデルハウスイメージ・ミサワホーム)

 

こんにちは!

【玉川学園前きららの丘】のミサワホーム街区解説ブログへようこそ。

 

玉川学園エリアでは希少価値の高い、明るく開放的なロケーションを最大限に生かせる「光+風が通る」街づくりを3社共同事業で進めています。ミサワホームの設計コンセプトは「週末の達人」です。

 

ミサワホーム街区には、暮らす方の休日や週末・放課後・アフターファイブ等が少しでも”きらら”な時間になるよう、たくさんの工夫が詰めこんであるのですが、今日ご紹介するのは「セカンドリビング」についてです。

 

実は、ミサワホーム街区の建売6棟には和室が一切ありません。その代わりに全邸「セカンドリビング」が2階の階段ホールに隣接して設置してあります。

f:id:misawahome:20160722073823j:plain

(7号棟)階段をのぼりきると、天井には大きな明り取りの天窓から光が落ちて来ます。そして正面に3本の半透明の引戸で仕切られた6帖の部屋が見えてきます。そこがセカンドリビングです。

f:id:misawahome:20160722074206j:plain

↑こちらは16号棟です。同じように、階段を上りきると天窓の光が出迎えてくれて、その先正面には今度は開け放てる2本の半透明の引戸のある6帖のセカンドリビングが見えてきます。

 

この部屋は他の部屋と違って、床をタイルカーペット(毛が短く比較的堅くて手入れがしやすい、事務所などでよく使われるカーペットです)にしています。

 

ここでミサワホームが提案している生活シーンは、放課後友人をつれてきたお子さんたちのプレイルームであったり、奥様のヨガ・スペースであったり(ご主人のメタボ対策室?)ゲストルームとしても使えたりします。

 

「ここは、チャンネル闘争に負けた旦那の落ち延び先だ」という人間が社内にはいました(男性陣)。これはまさしく”セカンド”リビングですね。リビングにつながった和室ではこれは実現しませんよね。女性陣は「部屋干しに使える便利な部屋ね」で意見が一致しています。

 

パブリックスペースであるリビングや続き間の和室を、プレイルームやヨガ等の柔軟運動などに使う場合、常にいちいち片付けないと厄介ですし、それらを収納するスペースがどうしても必要になりますし、個人の趣味物をリビングに詰め込むのは論争の種になりかねません。その点、2階であれば多少は許されますよね。

 

生活スタイルは千差万別ですが、昨今の都内のコンパクト建売住宅においては、驚くほど和室のニーズが低いことが分かっています。「和室がないと困る」とおっしゃるお客様はほとんどいらっしゃいません。「あると便利」「親がとまりに来たときに使える」という程度です。そもそもリビングの横で夜ゲストが”ゆったり寝る”というのは現実的ではありませんでしたよね。

 

であれば、お子さんを楽しく遊ばせられて、両親もゆったり静かに泊まれる2階のタイルカーペット敷きのセカンドリビングの方がよいですよね!4.5帖ではなくて、6帖ちゃんと取れています!

 

仕切りの引戸もありますので、お子様部屋としても十分使えますのでご安心ください。完成したらぜひこのセカンドリビングの様子を見に来てください。きっと素敵な週末が待っていると思いますよ。