ミサワホームの【玉川学園前きららの丘】ブログ

小田急線「玉川学園前」駅徒歩11分の地に、今秋29区画の新しい街が誕生します!ミサワホームの街区のコンセプトを分かりやすく解説していきます。

LDKの設計秘話 その3

Sola.Terrace~光+風が通う街。

f:id:misawahome:20160701131440p:plain

玉川学園前のミサワホーム街区

資料請求はこちらから

--------------------------------------------

今日はLDK設計秘話の3話目です。

 

【玉川学園前きららの丘】のミサワホーム街区は、全邸”2WAY動線”キッチンを採用しています。

 

これはキッチンが行き止まりになっていなくて、ぐるぐる周囲を行き来できるような”アイランドキッチン”か”ペニンシュラキッチン”になっているということです。いずれもオープンキッチンですね。

f:id:misawahome:20160720142727j:plain

↑12号棟はペニンシュラキッチンです。

f:id:misawahome:20160720142103j:plain

↑4号棟はアイランドキッチンです。

 

ミサワホームが全邸これを採用した理由は、街区の設計コンセプト「週末の達人」から来ています。休日の午後ご家族みなさんでお菓子作りを楽しんだり、週末に知人を呼んでちょっとしたホームパーティをしたり、将来お料理教室をひらいてみたりと、あらゆるパブリックシーンに対応できるのがこのオープン&センターのキッチンなんです。

 

行き止まりキッチンになっていたり、高いカウンター壁に囲まれていたりすると、どうしても人の動線が出入り口に一極集中してしまうので、どうしても作業効率が悪くなって、まわりの方々もお料理に参加したり手伝ったりするのが困難になります。

 

また、今回採用したキッチンカウンタートップは通常の奥行サイズ(=65cm)よりも圧倒的に広いサイズ(=90cm)を採用していますので、たくさんの皿を並べてみなさんご一緒に同時作業をすることも可能です。

 

f:id:misawahome:20160722071552j:plain

行き止まりの無い、アイランドまたはペニンシュラキッチンを入れる設計をする場合、ある程度広いLDKを確保する必要があります。前回お伝えした通り、ダイニングテーブルも大きいサイズが入ることを前提に設計をしているので、これらを実現するには最低でもLDKだけで18帖以上ないとできません。【玉川学園前きららの丘】ミサワホーム街区では全邸、食器棚置き場を除いた面積で18.6帖~19.5帖を確保させていただいています。

 

この広さ、解放感、ぜひ体感しにお越しくださいませ。モデルハウス公開は平成28年9月17日(土)からです!